【コスパ最強のPCスピーカー】圧倒的臨場感のBose Companion 2 Series IIIをレビュー

移転しました。

本格的なスピーカーってめちゃくちゃ高い・・・。
1万円程度でコスパ良いスピーカーないかな・・・。


Bose Companion 2 Series IIIはこんな悩みを解決してくれるスピーカーです。


▼こんなメリットがあります

・音がめちゃくちゃ良い
・低音が豊か
・全体的にクリア
・圧倒的臨場感
・音質のわりに安い


今まで安いスピーカーを使っていた方にとって、まさに世界が変わるほどの衝撃。


音楽だけでなく、映画や動画をがっつり楽しみたいとなると、どうしても1万円以下のスピーカーは物足りないんですよね。


Bose Companion 2 Series IIIなら、このサイズからは考えられないほどの低音の迫力と圧倒的な臨場感を味わえます。


「低音リッチ」で好みが分かれる評価も多いBOSE製品ですが、「サランネットを外す」などいくつかの対応をすると、低音がしまって全体的にクリアな音になるんですよね。



1万円程度で本格的なサウンドを味わってみたい方にピッタリなスピーカーです。


それでは早速、Bose Companion 2 Series IIIをレビューしていきます!



Bose Companion 2 Series III|外観とデザイン

デザイン

デザイン1万円のスピーカーとは思えないほど、質感が良く、高級感のあるデザイン。


正面

正面ボリュームのつまみもしっかりと重みがあり、品質の高さを感じます。


側面

側面斜め上を向いており、至近距離で使用するPC用スピーカーとして特化しています。


背面

背面低音が強すぎる!という方は「バスレフ」を塞ぐことによって低音が緩和されますが、そこまでする必要はないかなという印象。


入出力

入出力AUXにも対応しています。


ステレオ

ステレオ左右を繋ぐケーブルは2m程度の長さです。



本当に質感が良く、置くだけでテンションが上がります。


Bose Companion 2 Series III|仕様と特徴

手ごろな高品質サウンド

手ごろな高品質サウンドBose Companion 2 Series IIIは独自のデジタル信号処理により、一貫してクリアなフルサウンドをあらゆる音量レベルで実現します。


幅広い音域

幅広い音域Bose Companion 2 Series IIIはから聞こえてくるサウンドはTrueSpaceステレオデジタルプロセッシング回路を採用。

実際のスピーカーをはるかに超えて広がるようなライブ感を実現。


簡単にセットアップ

簡単にセットアップBose Companion 2 Series IIIは必要なものがすべてそろっており、そのまますぐ使えます

ボリュームコントロールとヘッドホンジャックは、右スピーカーにあります。


広がるエンターテイメント

広がるエンターテイメントBose Companion 2 Series IIIは付属入力ジャックを使えば、macboookなどのノートパソコンはもちろん、iPhoneやiPadなどもボーズ品質で再生できます。

またPS4やモニターに接続することで、ゲームを大迫力で楽しむことも可能です。


付属品

付属品


・スピーカー
・オーディオ入力ケーブル(ミニプラグ付き)
・スピーカーケーブル
・ACアダプターパック



Bose Companion 2 Series III|レビュー

Bose Companion 2 Series III|レビューBose Companion 2 Series IIIがあれば、毎日のPCライフが快適になること間違いないです。

とはいえ安いスピーカーではないので、用途に合うかしっかりとチェックしておきましょう!


良いところだけでなく気になるところもレビューしていきます!


サンネット

サンネットBose Companion 2 Series IIIの音質をレビューする前に、「音の調整方法」をいくつかご紹介します。

低音の軽減は「バスレフを塞ぐ」、「イコライザ」でも設定できますが、思い切ってサランネットを外してみるのがオススメです。

これをするだけで、こもった感じがなくなって、音がクリアになるんですよね。


正面からいっぱると簡単に取れます。


インシュレーター

Bose Companion 2 Series IIIで初めて良いスピーカーを買ってみる方は、インシュレーターを知らないも多いんじゃないでしょうか?

基本的にスピーカーは「振動」することで音を出すので、低音が豊かなBOSE製品はテーブルへの接地面が大きいと音がぼやける傾向。

とはいえ、インシュレーターは結構な値段がしますので、100均の防振マットなどでも代用可能です。

10円玉を下に挟むという定番の方法があるので、まず体感してみたい方は是非試してみてください。


ぼやけた感じがなくなります


音質

Bose Companion 2 Series IIIは上記の改善を行わなくても、十分に低音の迫力とキレがあり、音の広がりを感じます

映画や洋楽、男性ボーカルの曲にはピッタリなんですが、女性ボーカルの曲やクラシックなどの観賞には向かない印象でした。

しかし、上記の改善を行うことで、低音が締まり、全体的にクリアな音に変わります。

「音量を上げたときの振動によるボワつき」や「豊かすぎる低音に負ける高音」がなくなり、価格からは考えられないほどの音質。

1万円で手に入るスピーカーとしては、間違いなく最高峰の音質です。


年経った今でも人気のロングセラー


テレビ

Bose Companion 2 Series IIIはテレビ用スピーカーとしても使えます。

しかし、テレビ用のスピーカーはわざと低音を落とすことで、「人の声が聞き取りやすい」ように工夫されてるんですよね。

映画や動画で迫力を味わいたい!という方には向いてますが、バラエティーやニュースなどがメインな方には不向きかなと思います。

形状も1m~2m範囲内での使用を想定した作りなので、リビングなどで使用するのであれば、サウンドバーのほうがおすすめです。


YAS-109も名作の予感・・・


横置き

横置き設置場所スペースなどの影響で、Bose Companion 2 Series IIIを横置きしたい方もいると思います。

特に問題なさそうですが、テーブルとの接地面が広くなるので、明らかに音がボワついて音質が悪くなる印象。

横置きしたい場合には、インシュレーターや100均などで買ったマットを挟むのがおすすめです。


基本的には縦置きがおすすめ


bluetooth接続

Bose Companion 2 Series IIIはBluetoothレシーバーを使うことで、スマホなどからBluetooth接続することができます。

ケーブルの劣化による音質の低下や、利便性を考えるとアリかなと思います。


後日、別記事でまとめたいと思います。


総評

Bose Companion 2 Series IIIは前評判から期待はしていましたが、想像以上に音が良いです。

この大きさからは考えられないほどの低音の迫力と臨場感。

「低音リッチ」で好みじゃないという意見もありますが、そもそもこれだけ低音が出ていることが素晴らしいですよね。

更に「サランネットを外す」などの手を加えることで、全体的にクリアで、中高音まで艶のある音になります。

実は洋楽からJPOP、映画、動画など様々な用途に使える、とてもコスパの良いスピーカーです。


最強やんけ




Bose Companion 2 Series III|メリットとデメリット

メリットとデメリットそんな最強のPCスピーカーのBose Companion 2 Series IIIですが、改めてメリットとデメリットを見ていきましょう。


デメリット

・音の印象が強く、作業用に向かない


メリット

・低音が豊かで迫力がある
・全体的にクリアな音
・音の広がりがあり臨場感を味わえる
・男性ボーカルは特に最高
・ゲームも大迫力
・品質を考えるとまじで安い


持ってるのに、自分で書いてて欲しくなってきた


Bose Companion 2 Series III|まとめ

Bose Companion 2 Series III|まとめ映画館が迫力あるのって、結局は「音」なんですよね。


Bose Companion 2 Series IIIのような、しっかりと低音が出るスピーカーを使うと本当に実感します。


しっかりと音楽を楽しめるのはもちろん、映画・動画鑑賞、ゲームが大迫力になり、日々の娯楽が充実すること間違いありません。



今まで安価なスピーカーを使っていた方は本当に世界が変わります。


▼こんな方におすすめ

・音質にこだわってみたい
・とはいえコスパ重視
・映画などの迫力も欲しい
・洋楽をよく聴く
・ゲームにも使いたい


本日ご紹介したBose Companion 2 Series III

少しスピーカーにもこだわってみたいな~という方は是非チェックしてみて下さい👇

人気記事【まとめ】生活の質を向上するおすすめ贅沢家電

人気記事【まとめ】生活を快適にするおすすめ時短家電